Activity・Archives 活動実績

Home » 活動実績 » 【セミナーレポート】2018年5月15日(火)京都セミナー「米国訴訟・調査対応の現代的課題」

【セミナーレポート】2018年5月15日(火)京都セミナー「米国訴訟・調査対応の現代的課題」

【セミナーレポート】2018年5月15日(火)京都セミナー「米国訴訟・調査対応の現代的課題」セミナー風景1

2018年5月15日、LRセミナーが京都で開催されました。LRのスポンサーでもある米国法律事務所 Covington & Burling LLPのEdward Rippey弁護士をお招きし、「米国訴訟・調査対応の現代的課題」と題し、テレワーク時代の文書・データ管理のあり方や、日本企業にとっての秘匿特権活用の留意点について、解説をいただきました。
Rippey弁護士の講演では、AIを活用したPredictive Coding又はTechnology Assisted Review(TAR)の状況、BYOD(Bring-Your-Own-Devices)やクラウドサービスに関する法律上の問題も含め、日本企業を含むグローバル企業にとっての文書・データ管理や、秘匿特権活用の切り口についてとりあげられました。
LRは、今後も、京都をはじめとする関西エリアでも定期的に開催してまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

【セミナーレポート】2018年5月15日(火)京都セミナー「米国訴訟・調査対応の現代的課題」セミナー風景2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です